2020-04

小豆島ツーリング

唐突ですが私の家の窓からいつも見えてる小豆島に行ってみました

 

 

kakaDSC06944

高松港から始発フェリーで出発。屋島の鼻先をかすめて約1時間かけて小豆島の土庄港に向かいます。普段生活してる土地を海側から眺めるというのも面白い

 

 

kakaDSC06989

途中で大島の横を通ります。この島にはハンセン病患者の療養施設がありますが陸地側からは無人島にしか見えないため島の内部が見れるのは貴重です。一般人は3年に1度の瀬戸内芸術祭のときだけここに上陸できます

 

いまはハンセン病は完治可能なので新規の患者は入ってきません。現在この島の患者は90歳前後の高齢者のみで最後の患者が亡くなれば島は存在意義を失います。記念館として残すか閉鎖するかという問題が出てるようです

 

 

kakaDSC07007

今回のツーリングは土地勘のない山道を走るため小回りの効くYAMAHA NMAX125でいきます。結果的には大正解

 

 

DSC07013

土庄港に到着。こういうのを見ると瞬時に運指を脳内でイメージしてしまい疲れるのですぐ立ち去る

 

 

kakaDSC07015

小豆島は山に囲まれ目印となる建物が見えずクネクネ道ばかりで方角が掴めないのでナビ必須です。また道路脇にポツンと観光スポットある場合が多く「え!?アレか??!!」とUターンしまくり。原付最強です

 

 

kakaDSC07018

世界一狭い土渕海峡。小豆島はこの海峡で分断されてる2つの島だったのですね。知らなかった・・・

 

 

kakaDSC07023

国指定特別天然記念物である宝生院の真柏。日本最大だそう。寄付金を置いてきた

 

 

kakaDSC07031

小豆島に来た理由のひとつ、崖にそびえる笠ヶ滝寺。まずはここに登るぜ

 

 

kakaDSC07037

鐘はとりあえず見かけ次第鳴らしていくスタイル。この先は危険なため行けるのは8時から14時まで。7時50分に着いたので時間をつぶす。べつにもう登り始めてもいいのだが私はこういう神仏に関するしきたりは守る性分なのです

 

 

kakaDSC07041

本堂に向かって岩場を登る。足元はセメントで固定されてるし立派な手すりがあるので体力さえあれば危険はないです

 

 

kakaDSC07044

上りの途中にある行場は立入禁止でした。ネットの普及と相まってこの手の神聖な場所はどこも立入禁止や撮影禁止になりましたね。バズると人が殺到しトラブルの元ですから

 

 

kakaDSC07049

岩肌には仏像が設置され異世界観たっぷり。もはやここは俗世ではない

 

 

kakaDSC07051

洞窟を通り本堂へ向かう。ここから撮影も私語も禁止です。密教的な厳しい雰囲気が充満してます。洞窟内は薄明かりが灯ってますがほぼ真っ暗で神秘的で畏れすら感じます

 

洞窟の中には東大寺の柱くぐりと同様の穴くぐりがあるのですがこれがタイト。東大寺の柱くぐりは順番待ちができるほどなので詰まっても他の客に引っぱって抜いてもらえますがここは崖を登った洞窟の中、しかも早朝で私一人しか居ません。ジェームズ・フランコの『127時間』が頭をよぎる・・・がせっかくだしくぐりました。通れました笑

 

 

02okunoin1

洞窟を抜けると写真の建物内に入れます。ここも密教的な雰囲気抜群ですが真横に売店コーナーがありオリジナルグッズが並べられ壁には古い人物写真がびっしり貼られてたりと珍寺としてもポイントが高い。指輪が人気アイテムらしくそういえば本堂でおびただしい量の指輪を奉納してた。この寺に関するレビューは誰もがベタ褒めで私の感性からしても最高の場所でした。仮にここで観光終了しても小豆島は満点です

 

 

kakaDSC07066

移動しているとおもむろに現れる佛歯寺の観音像。淡路島の迷惑観音と違って造形も素晴らしい。道路から見るだけで迫力じゅうぶん・・・いや、待て

 

 

DSC07309

家の窓から見えてた謎の巨大建造物はこの観音像だわ。マジで謎が解けた笑

 

 

kakaDSC07084

名水として名高い「湯船の水」。煮沸消毒する必要が有るため飲まなかった。すぐ飲めるのかと思って汲むつもりでナルゲンを空にしてしまった笑

 

 

kakaDSC07094

小豆島ナンバーワン観光スポット「エンジェルロード」。繁華街や港からも近いためかなり賑わってます。ついさっきまで1人で崖に登り洞窟に入ってたのとはえらい違いだ・・・ 予想に反してココは良かったです。活気があってとても綺麗。ちなみにカップルよりも女の子グループが多かった

 

 

kakaDSC07107

エンジェルロードにあるポストは特別仕様でかわいい。日本郵便やるやん

 

 

kakaDSC07127

樹齢1000年のオリーブの木。小豆島といえばオリーブだがそもそもオリーブとは何なのかいまだによく知らない

 

 

kakaDSC07134

南西部の海岸にある紅洞窟。中にはいりましたが先客がいて盛り上がってたのですぐに出た。やはり海は人を開放的にさせる

 

 

kakaDSC07139

誓願寺のソテツ。世界最大らしい。小豆島の寺は何かしらの売りがあって廻るのが楽しい。ソテツ以外も全体的に手入れが行き届いていてとても立派な寺院でした

 

 

kakaDSC07147

屈指の人気スポット、マルキン醤油記念館。いきなり道路が醤油くさいのですぐわかります。キャラ付けのためにわざと醤油を撒いてんじゃねえかと思うくらい

 

 

kakaDSC07150

売店で売ってる醤油ソフトクリーム。このためだけにでも立ち寄るべきです。うまい。マルキン醤油自体はスーパーで普通に売ってるからわざわざ買う必要もないのですがオリーブオイルのドレッシングでここの売店でしか買えないものがありそれをGET。これがまた酸っぱくなくてうまい

 

 

kakaDSC07151

小豆島に来た理由のひとつ京宝亭。宝食品の直売店です。大変繁盛してました。小豆島は醤油の産地ゆえにそれを使った佃煮の産地でもあります。ここで佃煮各種を5000円ぶん買い込む。いや、めちゃくちゃうまいんですよココの佃煮はマジで

 

 

kakaDSC07159

一般観光客は通常ここから二十四の瞳映画村へ向かいますが私は山岳寺院巡りに。小豆島霊場八十八ヶ所の1番札所である洞雲山です。小豆島の霊場は垢抜けた四国霊場とは一味も二味も違うハードコア寺院揃いです。無人の寺院が多く、納経は人がいる寺院でまとめてやるシステムです

 

 

kakaDSC07169

山岳寺院なのでこんな風景が拝めます

 

 

kakaDSC07186

孔雀王でお馴染みの独鈷杵が惜しげも無く置いてある、というかむしろ厄祓いに触ってくださいと書いてある。無人やし盗まれるで!とも思うがそんな悪事はできそうもない空気がビンビンに周囲に張り詰めています

 

 

kakaDSC07191

人の気配は無いのに奥からポン、ポンと木魚を叩く音が聞こえ心なしかお経も聞こえた気がしたのでおそるおそる行ってみると水場に観音様が。木魚に聞こえたのは洞窟の天井から落ちる水滴が竹の筒に当たってる音でした。しかしお経は一体・・・盛り上がってまいりました!!(震え声)

 

 

kakaDSC07196

さらに奥に進むとこの寺の真の姿が。ここは夏至観音としても有名な場所。洞窟の中に仏像が安置されています。あまりにも荘厳な場所なので写真は控えました。さすが第一番札所だけあって威厳がすごい。誰も居ませんしビビりながら参詣しました

 

 

kakaDSC07201

二番札所の「碁石山」も近くにあったので寄る。この寺はブログもやってて読み物としても面白いです

 

 

kakaDSC07224

この寺の名物、崖っぷちに立つ浪切不動明王。インスタ映えしますな。この像の周りを3回まわると願いが叶うが一歩間違えると転落して死ぬ

 

 

kakaDSC07244

最後の目的地である寒霞渓へ向かう途中に仏ケ滝という寺院を見つけたので入る。原付はこまめな乗り降りが楽なのでイベントと接触する機会も増える。ここも洞窟で雰囲気出まくり

 

 

kakaDSC07245

小豆島最大の見せ場『寒霞渓』。ここはザ・観光地といった趣で駐車場は広く人も多くかなり開発されてます。車で上まで登れますがせっかくだしロープウェイで来ることをおすすめします

 

 

kakaDSC07268

施工費に1億円かけたトイレ。空調完備でとても綺麗。一見の価値あり

 

 

kakaDSC07253

小豆島が舞台の映画といえば『二十四の瞳』ですが近年は『八日目の蝉』を推してるみたい。乳児をさらった誘拐犯が小豆島で実の母娘として平穏に暮らしてたが松本清張でよくあるパターンの破綻が訪れる、というストーリーでプライムビデオで観たことあります

 

 

kakaDSC07260

そのロケ地。絶景ですが山岳寺院を回ってる私は飽きてきました笑 家は見えるはずですが靄がかかって確認できず。望遠鏡あれば見えたかも

 

 

kakaDSC07285

フェリーの時間に余裕があるため港から近い重ね岩へ登る。近年パワースポットとして注目されているらしい。神社仏閣を片っ端から回ってるとそこが神社なのか寺院なのかわからなくなってきます。鳥居があるから神社とは限りませんし神仏が同じ敷地内に祀られてる場所も多いですし

 

 

kakaDSC07294

これにて観光終了。はっきり言って小豆島は香川県の観光の80%を占めているのではないかと思うくらい充実してるし活気がありました。個人的にはほぼ登山になったためトレッキングシューズでくればよかったかな。普通に観光するなら エンジェルロード→映画村→寒霞渓 でまわればじゅうぶん楽しめるし大型車でも道や駐車場で困ることはないでしょう

 

 

cats

今回のルート。走行距離約130km。細かい場所は今回で済ませたので次はぐるり一周と映画村と巨大観音にも寄りたいですね。あと修験道の行場として使われてた非常に険しい山岳ルートがあるのですがそれクリアしたい。というか小豆島の88ヶ所を全部回ってみたいという気になりました。四国88ヶ所を廻るより手軽ですが見どころはそれ以上のような

 

じゃあの

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (413)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター