2017-07

こうかん!

気がついたら・・・

 

 

DSCN3828

スタジオに置いてあるぼくのケトナーが6年目に突入しました。しかし一度も真空管を変えていない。もう寿命はきてるはずですがまったく劣化してるのかどうかわかりません。メサブギーを使ってた頃は爆音で歪ましてたから明らかに劣化がわかって何度か真空管を交換したけどいまは音量も低めでクリーンだけだしそもそもプリ部に信号を通してないからか

 

歪ませた音のほうがギャンギャン鳴ってワイルドで多少何かが変わってもわからないだろうと思うかもしれませんが実は歪みのほうがデリケートでどこかにトラブルがあったり電圧がちょっと下がっただけでも一気に音が細くなるから異変がすぐわかるんですよね。それで途端に弾けなくなったりするからちょっとした変化にも敏感だったりする

 

けどクリーンは多少何かがおかしくても演奏するのには特に影響ないしぶっちゃけ機材もなんでもいいやみたいな。自分の機材でいつものセッティングで弾いててなんか違う気はするけどま、いっかと演奏して後から 「あ、コンプ入れっぱなしだったわww」 みたいな事がよくあります。まあぼくだけかもしれませんが

 

でもやはりMade in Germanyのケトナーはかなりしっかり造られてる。FenderのBlues Deluxeも持ってるけどMexico製の廉価モデルだけあって筐体の造りは見るからにしょぼい。音は悪くないし軽いから重宝はしてますけど

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (394)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター