2017-05

9月まとめ

今月は雨も多いしひたすらインプットに専念しておりました

 

 

以下仕入れたもの

 

 

P3210017

笹島明夫のジャズギター革命 誰でも弾けるジャズギター ブルース編

 

明快すぎて目から鱗が300枚くらい落ちた。JAZZブルースに特化してるため最低限ブルース進行が体に馴染んでることと単音のラインでコードを表現したものを聴き取る耳を持ってることが前提ですが、もしあなたがそうでペンタトニック一本槍な自分のプレイをJAZZに寄せたい人にとってはこんなわかりやすい内容の教則はないでしょう

 

ってかむしろわかってる人のほうが「そ、そんな見立て方が指板上にあったのかww」と発見することがあって絶対面白いと思います

 

 

P9240024

矢堀孝一 アウトフレーズの極意~覚えるべき演奏思考法とアウトの七カ条~

 

アウトサイドの演奏コンセプトに特化したコンテンポラリーな内容の教則。矢堀さんのスケールの覚え方&活用法はある種の邪道かもしれませんけどこれが最高に効果的かつ実践的ですぐに使えてそれっぽくなってニヤリ。この内容はJAZZの人だけでなくDjent系の幾何学的なキワモノフレーズが弾きたい人にも強烈にアピールするんじゃないかなと思います

 

他に類を見ない内容の教則で大変参考になりますがあくまでも対象とする層はインサイドは当然としてJAZZのアドリブはひと通りできるのが前提かつアウトフレーズが生み出す浮遊感は強烈に人を選びますのでそこはご自分の嗜好とよく照らしあわせて検討をば・・・w

 

 

これはぼくの持論なのですが 『教則は日本人に限る』 ってのはあります。日本人ならではのきめ細かい教え方と日本語なのでダイレクトに説明が伝わるのは大きいです。Youtubeにもいくらでもレッスン動画はありますがやはりパッケージングされた売り物は内容もミュージシャンの格も違います。有料と言ってもいまどきのDVDはせいぜい2~3千円で確実に得るものがあるんだから安い投資ですよ

 

 

9月発売のCDなんかも

 

 

P9240023

COUNTRY FOR OLDMAN / JOHN SCOFIELD

 

ジョンスコの新譜。前作がグラミー賞を獲ったJAZZ色の強い意欲作でしたが今回はアメリカ人のルーツ的なカントリーソングのカバー集。ぼくはあまりカントリーには馴染みがないので2曲しか知らなかったけどどれもジョンスコ節で楽しめます。それよか今回はギターの音がめっちゃ良いのですけどアンプは何を使ってるのだろう。いつもより歪み成分多めで音が太いです

 

ライブはVOX AC-30をずっと使ってますがこれは世界中どこでもレンタルできるからってのも大きいでしょう。レコーディングでは意外とTWO ROCKのアンプとかも使ってるんですよね。というか単に録音スタジオに行ってそこにある物やエンジニアが薦めたものをそのまま弾いてるだけという気もしないでもない笑

 

 

P9110093

NEARNESS / Joshua Redman & Brad Mehldau

 

2011年頃のSAXとPIANOによるデュオライブ。なんで今頃こんなものを出したのかと思うけど内容は静謐な世界が広がっててとても良いです。そもそもメルドーのプレイにハズレはないのでw レッドマンのSAXに関してはあまり好きではないという意見をよく耳にするけどぼくには管楽器の良し悪しはわからないです

 

 

P6100031

というかメルドーは6月にもソロアルバムが出たばかり。まあ出してくれるぶんには全然構わないのですけど。余談ですがAKBなんかやたら音源が出て揶揄されますけど本当のファンは短いスパンでいっぱいリリースしてくれるのって嬉しいんじゃないでしょうかね?

 

 

P9170008

ArtScience / Robert Glasper Experiment

 

もうこれが今年のグラミー賞で間違いないでしょう。現代のJAZZミュージシャンで一番マイルス・デイヴィスに近い位置にいるのはこの人かもしれない。常に前進と革新あるのみでこの人が切り開いた道を人が後から付いてくるって感じで

 

巷のレビューではヒューマンリーグの「Human」のカバーが好評を得ているようですが個人的にはハービー・ハンコックの「Tell Me A Bedtime Story」のカバーが秀逸ですね。いや、もう全曲いいんですけど。ハードコアなJAZZでぶっ飛ばしてくるのもありますけど全体的にはかなりPOPな作風で幅広い音楽ファンに垣根を超えて愛されそう、ってか本当にそういうさじ加減がうまいんだロバート・グラスパーって人は

 

弦楽器奏者的にはベーシストのデリック・ホッジのベースラインだけに集中して聴いてもめっちゃ楽しめます。どこからそんなフレーズ引っ張ってくんだってその発想にのけぞります。けして派手な奇をてらったものではなくしっかりとグルーヴを支えるベース然としたものなんですけど非常に存在感があってカッコイイんです

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

フリーエリア

Amazon

カテゴリ

雑記 (360)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター