2017-07

かいかた!

意外と興味ある?

 

 

 





ナイフ界では超有名店で通販したことある愛好家は多いでしょうけど場所が場所だけに実際に行ったことのある人は少ないのでは? つうわけで今回は大安屋店頭でのナイフの買い方をお教えいたします(・ω・)

 

まず在庫商品をHPで確認しますhttp://www.ohyasuya.co.jp/index.htm

 

大安屋は渋谷のナイフショップ「ジ・エッヂ」と在庫を共有してるのでHPの在庫はどちらにあるかはわかりません。1点もののカスタムナイフとかじゃないかぎりまず大丈夫です。それよか普段は精肉工場で小売りは日曜日のみの16:00閉店。商品(肉)補充で12:30~13:00の間も閉まりますので注意

 

 

P6260132

店舗外観。広い駐車場アリ。JR坂出駅からは1.2kmで徒歩でもOK。途中に日の出製麺所という有名なうどん店があります。紅白の階段を上がって2階へ

 

 

 

P6260124

店内は肉コーナーが壁をぐるりと囲み真ん中にナイフやアウトドアグッズを陳列したショーケースが並びます。圧倒的な品揃えです

 

一般客が多いためこの手の店にしてはめずらしく店員と客が1対1で無言のままショーケース越しに対峙する、ということが無く好きなだけナイフを見ることができます。ただし商品名や値段を書いてませんので自分で事前にHPで把握しておく必要があります。すべての在庫を並べてるわけではなく聞かないと出てこない商品もあります

 

 

P6260126

お目当ての商品があった場合はナイフコーナーで座ってノートPCを見てる金正男似の店員に

「すんません、〇〇社の〇〇(モデル名)見せてもらっていいすか?」

と声をかけてください。パット・マルティーノ似のお爺さん(たぶん社長)がいる場合もありますが最近は正男で固定のようです。ちなみに小物を何点もまとめ買いする場合ぼくは商品名を箇条書きにした紙を「これだけください」と渡してます。ここで自力で小物を発見するのは困難ですw

 

 

P9110099

ナイフはショーケースから出して好きなだけ触らせてくれます。ブリスターパックに入ってる商品でも言えば開けて見せてくれるらしいです。複数在庫がある場合はバックヤードから未開封品を出してきてくれたりもします

 

ナイフを買うときは持った感じのバランスや傷の有無、各部の仕上げ、フォルダーの場合はアクションのスムーズさやロックのかかり具合やブレードセンター位置等を確認しましょう。仕様違いなどでどちらか迷う場合は2本とも出してもらいましょう。実際ぼくも写真上のココボロウッドのハンドルを買う気でいたのですが触ると下の樹脂ハンドルの方が気に入り購入しました

 

 

P6260129

購入を決めたらただ一言「コレください」と。すると正男がiPadで自社HPの値段を確認してプライスシールを付けてくれます。マルティーノがいる場合は年季の入ったセーム革で丁寧に磨き上げてから箱入れしてくれます。この手順を踏んではじめて肉の購入客と一緒にレジに並んで精算してください。ナイフコーナーでお金のやりとりはしません

 

 

P6260128

手に取れる商品を買う場合はカゴに必要な物を入れたら必ず正男に声をかけてプライスシールを貼って貰う必要があります。ここが普通の店と違うポイントです。ちなみにレジのおばちゃんはめっちゃ愛想が良いです

 

ぼくはいつも滞在時間は10分程度ですがはじめてだと1時間あっても全部の商品は見れないと思いますので時間の余裕をば。ついでにお肉も買うといいです。オリジナルの焼き豚や焼肉のタレがオススメです(・ω・)

 

じゃあの

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (394)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター