2017-11

ぷらいむ!

使っている(´・ω・`)

 

DSCN5413_thumb

ピックはJim Dunlop JAZZⅢXL Tortex 0.73mmのAnimals As Leadersのシグネチャーモデルなのですが最近これのPrimetoneバージョンが出たということで買ってみました

 

 

P5210041

素材がこちらはUltexになるため若干ペチペチしたトーンになりますけど2時間で耳が慣れてわからなくなるレベルですかね。もともとUltexも使ってたので特に問題はないです。そもそも素材にこだわりはあんま無いんですよね・・・

 

 

P5210043

このPrimetoneシリーズの最大の特徴は人の手によってエッジ部分が研磨されていることです。処理を施した人の署名も入ってます。買う前はタミヤの2000番のペーパーで端っこ撫でたら一緒ちゃいますの?と思ってましたが実物を見ると意図を持った角度で研磨されており適当に磨いときましたというシロモノではありません

 

マクロレンズを持ってないので接写した画像が撮れないのですけど具体的にはナイフでいうところのチゼルグラインドになってまして早い話がちょっと使って軽く削れて馴染んだ頃合いのピックエッジを再現しているといった感じ。車でいったらまるっきりの新品じゃなく皮剥いて最高のグリップが発揮できる状態のタイヤみたいな。たしかにファーストインプレッションで「あ!」ってわかるくらいにはなってます

 

ただこの状態がいつまで続くのかってことと自分でも作れますやんってのは正直思いましたw イングヴェイのようにピックをライブ中にバシバシ変えるような人には常に同じ最高の状態のピックが使えるメリットは有るかもしれませんがぼくも含め一般の人にはそこまで恩恵はないでしょうね。手作業ゆえの人件費なのか1枚400円もする値段もどうなのかと(´・ω・`)

 

 

056

 

だがしかし

 

 

 

P5210060

手にとって初めて分かったのですが、このAnimals As Leadersのロゴ部分はノーマルモデルのようにプリントではなく凹凸のついた加工になってましてこれが最高のグリップを発揮します。ぼくは手が乾燥するタイプでピックの滑り止め対策には頭を悩ませてきましたがこの加工はいままでのどれよりも抜きん出ていいかんじです。これだけで400円払う価値はありますね

 

いままでのTortexバージョンは滑りやすい素材でしたし色が黒しかないのでこれを機に乗り換えます。シグネチャーではないレギュラー品のTortex JAZZⅢ 0.73ピックは黄色ですがプリントの質が違うようですぐに剥げるし塗料の関係かツルツルで更に滑りやすいのであえてシグネチャーを使ってました

 

黒い色のピックは紛失しやすいのと黒いピックガードだと右手を目視して弾くときに背景に溶け込んでしまって見難いのであまり好きではないんですよね。普段は右手は見ませんけど絶対に外せないフレーズのときとかはやっぱ見ますし

 

他のPrimetoneも同様らしいので好みのシェイプがある人は試してみるのもアリかと思います

http://moridaira.jp/jim_dunlop/picks-jd/primetone-sculpted-jd

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (409)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター