2017-07

Arclight

Julian Lageの新譜がやっと届きました(´・ω・`)

 

P3180008

Arclight / Julian Lage

 

ここんとこAmazonで発売日に買えた試しがないのですがまあ1週間遅れくらいで届くので許容範囲内でしょうか。地元実店舗じゃまず絶対に手にはいらないわけですし。タワーレコードが一応ありますけど

 

 

P3180009

ヴィンテージテレキャスターをヴィンテージFenderアンプに直でVolをかなり上げて音色のコントロールは手元のみ。フロントを絞った甘いトーンからトランペットのような刺激的な音まで多様なサウンドを出しています

 

音楽性はアーリージャズやカントリーといったアメリカンルーツ・ミュージックですね。こてこてのビバップ的な4ビートの曲があるのはジュリアン・レイジにしては珍しいです

 

今までのジュリアン・レイジはなんでもできるが故にアルバム内容は結構雑多でしたけど今回は統一性が有ります。レイドバックした落ち着いた雰囲気です。ソロを弾きまくるビル・フリゼールといった趣でしょうか

 

ちなみにDrはケニー・ウォールセンでよくビル・フリゼールと一緒にやっておりとてもエモーショナルで心地よいグルーヴを作り出すドラマーです。たぶんジュリアン・レイジもビル・フリゼールのサウンドを意識したのではないでしょうかね? どうもジュリアンとフリゼールは最近親交があるようで。おそらくネルス・クラインの紹介じゃないかなあと思いますけど

 

 

このアルバムからのクリップ。なかなか面白い演出になっています。真空管アンプのVolをガン上げすることで得られるブッとい極上のいわゆる枯れたヴィンテージドライブサウンドです。不快の一歩手前の荒々しい音を見事に操り音楽的に奏でます

 

 

DSCN1583

ちなみに動画の曲「Ryland」は前作のアコースティックソロギターアルバム『World's Fair』の収録曲です。今回はそのエレクトリックバンドバージョン。本人相当気に入ってるのでしょうかね。たしかにいい曲

 

『 Arclight』は全体的に泥臭いゆったりめのアルバムで極上のギタープレイとサウンドが詰まってます。ジュリアンレイジのソロは全部インプロヴィゼーションですけど仮にぼくが1年掛けて推敲した書き譜よりいいラインを瞬時に産み出しますねw 

 

これくらい飛び抜けて上手いと逆にプレイが気にならず純粋に音楽としてストレス無く聴けるので好きです。1年以内に必ず何らかの音源が出るという結構多作な人なので追いかける側も嬉しい。5年に1枚とかのペースの人は買い揃えていくには枚数が少なくていいのですがやっぱコンスタントに出してくれる人のほうがいいです

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (394)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター