2017-07

えすぺら!

グラミー賞受賞アーティスト

 

 

でありバークリー音楽院の講師でもあるJAZZボーカル/ベーシストのエスペランサ・スポルディングの4年ぶりのNEWアルバムです

 

 

P3120005

Emily's D+Evolution /  Esperanza Spaulding

 

この変化っぷりはとんでもないです。見た目もアフロからドレッドに変わったけど音楽的な変化はそれどころじゃない。つーか 誰だよおまえ(´・ω・`) レベルの変貌ぶりでかなりPOPS/ROCK色が強まっています。ネットの反応を見てると受け身が取り切れていないライト層とかなり失望しているコアな層が確実にいますね。エスペランサが好きなのではなくJAZZが好きな人にはこの音は許せないかもしれません。でもぼくは どんだけ才能あるんだよ!! と背骨が外れそうなほどの衝撃を受けています

 

たぶんマイルス・デイビスが電化した時はこんなショックだったのでしょうね。まあもっと規模と影響力は大きかったでしょうけど。つーかぼくがやりたい音楽これじゃん!て感じです。これ絶対来年のグラミー獲るでしょ

 

 

このライブを見て納得。ミュージカルのサントラなんですよこのアルバムは。この全身を使った表現力は圧巻。過去の曲は一切やらない割りきりっぷり。変化を恐れず常に新しいことに挑戦し前回とまったく違うものを超ハイクオリティで世に放つ。もう羨望と尊敬しか無い(´・ω・`)

 

ヒトコトだけ言わせてもらえればこれはストーリー性のあるいわゆるコンセプトアルバムなので歌詞和訳のついた日本盤のほうがいいでしょう。ぼくは安さにつられて輸入盤を買ってしまいましたw 日本盤買い直そうかな。その価値は充分ありますよこのアルバムは。素晴らしすぎますし(・ω・)

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (394)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター