2017-08

ごすぺる!

カーク・ウェイラムの(´・ω・`)

 

The Gospel according to Jazzのチャプター2です。ほんと素晴らしくてクトゥルフ教徒がキリスト教に改宗するレベルです。これはグラミー受賞JAZZサックス奏者のカーク・ウェイラムが定期的に行っているゴスペルとJAZZを融合させた大きなコンサートプログラムで今たぶんチャプター4まで開催されてると思います。参加してるミュージシャンも皆敬虔なクリスチャンなのでマリリン・マンソンは絶対呼ばれないと思います

 

JAZZサイドからアプローチしてますが基本的にゴスペルでリハーサルに4日間も使ったというほどしっかりと練られていて非常に聴きやすいのでジャンルとかわからないけど ”単純にいい音楽” が聴きたい人におすすめです

 

 

vlcsnap-2016-03-03-18h12m21s582

顔ぶれは超一流ミュージシャンばかりですが個人的にはギターのポール・ジャクソンJrがイチオシです。リズムもソロも主役を邪魔すること無くサウンドに溶け込み、しかしやってることは唸ってしまうほど強烈という超一流のサポート演奏です。最高にグルーヴしてます。先日亡くなられた松原正樹氏も大きな影響を受けている世界最高のスタジオミュージシャン系のギタリストと言っても過言ではないでしょう

 

使用してるギターはGibson ES-347でギブソンカスタムショップの製造部門最高責任者であるマイク・マクガイアーが組み上げた逸品です。リズムカッティングはもちろんもジャジーなクリーンからブルージーなオーバードライブのリードも素晴らしいトーンです。ポール・ジャクソンJrの腕前との相乗効果で全方位的に無敵の音が出てます

 

 

上の動画はポール・ジャクソンJrのリズムギターが堪能できる"No Word Praise"で切れてるのでこちらをどうぞ

 

この人達は卓越した技術があることや多くの聴衆の前で演奏し賞賛を受けることは自分の努力や才能のおかげである、とは思わずに すべて神の思し召し であるという信念のもとにやってるので変にアガったり気負ったり焦ったりカッコつけたりということが無く、常にハートを完全に開放した最大級のパフォーマンスが引き出せてめちゃくちゃ強いんですよね。うーむ(´・ω・`)

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (396)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター