2017-09

はいぐら!

エフェクターを買いました(・∀・)

 

 

P2240015

TC ElectronicのHYPERGRAVITY COMPRESSORです

http://www.tcelectronic.com/ja/hypergravity-compressor/

 

最新型のペダルタイプマルチバンドコンプレッサーです。従来型のコンプレッサーはひとつの設定が6本の弦に等しくかかりますがこれは低音、中音、高音と帯域別にコンプレッションのかかり具合を設定することが可能です。これにより各人の弾きグセやギターの出力特性やフレージングに合わせて最適なコンプをかけることが可能になります

 

USB端子がついていてPCに繋いで細かくエディットするのですが本体のツマミを直感的に動かすだけでもじゅうぶんいい音になります。ダイナコンプのような従来型のコンプレッションが欲しい場合はVINTAGEモードにすれば単一バンドになります

 

 


わかりやすい効果の例を簡単に弾いてみました。こういうカントリーのチキンピッキングは指で弦をめくり上げてフレットに叩きつける音と通常のピックで弾いた音とハンマリング/プリングした音と開放弦の音で音量にバラつきが出ます。非力なシングルコイルでクリーントーンだとなおさらです

 

コンプレッサーをかけてやるとこの音量差が小さくなり独特のパツパツした面白い効果がでるわけです。シングルノートとコードを混ぜたカッティングでも非常に有効でスラップベースでもよく使われます。ただし使わないほうが人間味があって好きという派もいますしかけない音楽ジャンルもあります。また手コンプといって基本的には手のみで音の粒を揃える技術が必要なのも確かです。音楽におけるありとあらゆる意見はすべて正解ですので(・ω・)

 

 

P2240037

BLENDつまみにより原音とエフェクト音の割合を調整できるのも特筆事項です。これによりコンプ臭さが緩和できます。現時点でこれができるのはXOTICとPIGTRONICSの製品くらいでしょうか

 

 

mxr_csp202dxotic_spcompe

ちなみに他に購入候補だったのはMXRのCUSTOM COMPとXOTICの SP Compressorでした。コンプレッサーは効果がわかりにくく扱いが難しい部類のエフェクターなのでギターで使うにはツマミが少なく大袈裟にかかるモデルのほうがいいという意見もあります

 

なので一番多機能なTC Electronicは操作にやや不安がありましたが実際に使うとONにした瞬間に あ、これいいわ とピンときました。効果がよく分かるくせに出音が自然という。今後PC使っていじり倒す気もないですね。ツマミは全部12時でいけると思います

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (401)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター