2017-08

Farewell To Stromness

この曲聞くと涙が溢れ出る(・ω・)

 

 

原曲はLAGQのギター四重奏のやつでCD持ってました。小倉のタワーレコードで買ったことまで覚えていますがとくにこれといった想い出があるわけでもない。ですがこの曲の旋律は胸が締め付けられる。そもそも「Farewell」って単語に弱いんですよね。さようなら的な意味なんですけどなんか切ない

 

 

同曲のギター独奏。編曲も表現も音色も技術もすべてが非の打ち所もない程素晴らしいけどギターだとかなり細かいところまで何をやっているのかがわかってしまうのと自分ならどうする、自分もこうしたいという興味のほうが先に立って自分が編曲して弾いているところまでイメージできてしまうのでそこまで曲に浸れないというのも正直なところ

 

上のピアノのほうはべつにうまい演奏ではないけど自分がピアノが弾けないので余計なことを考えることもなくストレートに入ってきてハートに訴えかけてくるものがある気がします。自分がブラッド・メルドーのピアノが大好きなのもこのへんにあるのかもしれません

 

 

いちおう本物も。クラシックギター界のアベンジャーズですね。 じつはヨークは教則ビデオ持ってたくらいすきなギタリストだったり。ヨークのCDや楽譜もファナの通販でよく買ってました。クラシックの楽譜ってしっかり向き合って今後ずっと付き合っていくというような気分にさせてくれますね。アランフェス協奏曲のオーケストラ楽譜なんかも買ったなあ。全部忘れましたけどw  

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (396)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター