2017-07

ごきんじょ!

チャック・ローブですか(´・ω・`)

 

”Enclosure”のこと”Neighbor Tone”って言うのいいですよね。”囲い込み”か”ご近所”かでまあ意味は一緒なんだけど随分通っぽいです

 

 

John_Abercrombie

ぼくの記憶が正しければ”Neighbor Tone”はジョン・アバークロンビーが使ってた言葉だと思う。 このアプローチ自体はスコット・ヘンダーソンの教則『Jazz Rock Mastery』で知りましたけどその頃はそんな言い回しはなかったような気がします。つっても何でも知ってるわけではなく知ってることだけで書いてますので合ってるかどうかは保証しませんし誰が言い始めたかなんてどうでもいいことです(´・ω・`)

 

スコヘンの教則はヤフオクで中古VHSを買ったのですけどブルースフィーリングとリズムとアクセントに重点を置いた内容でとにかくJAZZリックを作る方法に飢えてた当時の自分には期待していたような内容ではなかったのですがむしろその時の出品者の方がおまけでレザーマンマイクラのコピー品を付けてくれてそれで本物のレザーマンにハマってしまったという

 

 

P2080009

このレザーマンも1本あればギターの弦交換から調整までひと通りのことができるのでいつもギターと一緒に持ち歩いてましたが刃渡り6cmを越えており思いっきり 銃刀法違反 になりますので最近は代わりに工具箱を持っていくようになりました

 

ライブのときはアンプはもちろんPAからドラムセットからフルセットでハイエースに積みますから工具箱がひとつ増えたところで大して荷物の量は変わらないので。 あと自分が積むわけじゃないし(小声) しかし家でもレザーマンの出番は非常に多く、というかラジオペンチはこれしか持ってないんですよ。海外ではニードルノーズプライヤーって言うらしいのですけど。これも言い方が通っぽいですねw

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (394)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター