2017-05

かいほう! その1

今年の目標は(・ω・)

 

 

 『社会人のコスプレをする』 です

 

 

P1010044

その第一弾は『初日の出を見にいく』(初詣も)でした。今まで大晦日から元旦にかけては余裕で寝てましたが実際に初日の出を見て言い得ぬ感動を味わいました。社会人のコスプレ結構いいじゃんということで続く第二弾は・・・

 

 

 

まともな財布を買う

 

 

 

です。今はmont-bellのナイロン財布でスタジオで会った小学生のほうが高い財布を持ってましたw その前は平野レミの真似をしてジップロックだったり厨二病なマネークリップとかポケットに裸銭とか傾奇者ばりの紙入とかチェーン付きDQNウォレットとかで人としてまともな財布を持ったことがありません(´・ω・`)

 

 

Sanhira

だから金運が無い のかなと思いつつも藤原氏だってヨーロッパ高級ブランド財布なんか使ってなかったけど1200年以上日本を席巻してた事実があるわけで関係ありませんね

 

財布に入れる金額も「年齢×1000円が常識」とかありますけどじゃあ木村次郎右衛門は財布に常に11万6千円も入れてないとアカンのかと

 

ついでに「稼いでる人は長財布」てのも。むしろ問われるのは形じゃなくて革質でしょう。本当に稼いでる人の財布は人革、これです。人間を財布用に潰しても罪に問われない権力とそれを可能にする財力と身につけても動じない胆力。これが真の金持ちです。それかレザーフェイス

 

ダメ押しで春に替える財布は 財布が「張る」 とのことで縁起が良いらしいけどそんな駄洒落が効力を持つのなら冬に替えたほうが「富裕」でもっと金持ちっぽいし布団は吹っ飛ばないといけない

 

つーかこういう屁理屈をとっさに思いつくのがぼくの根本的に駄目なところなんじゃないかと。 もっと素直になりたい(・ω・) ちなみに最初のは藤原氏の奥州とヨーロッパの欧州をかけてるわけですね

 

とりあえず予算度外視で有名高級ブランドはもちろん、売れ筋商品や個人作家や革工房でのオーダーや地元産ブランドやら道具を揃えて自作することまで視野に入れて知恵熱が出るくらい調べ尽くしました。おかげで財布のことにちょっと詳しくなりましたよ。その結論としては・・・

 

 

latest

 

財布の世界は闇

 

 

調べれば調べるほど嫌いになっていくジャンルですねこれわw ギター業界で耐性あると思ってたが甘かった。やっぱ木と革じゃ 背負ってる業の深さ が違うのでしょうか? 調べてるうちにストレスを感じ、もう 「財布が欲しい」 から 「財布選びの苦悩から解放されたい」 という思いに変化していきました。さっさと買ってもう財布のことは考えないで生きていきたい・・・

 

というわけでまだ買ってませんがイメージは固まってきました。そのうち

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

フリーエリア

Amazon

カテゴリ

雑記 (360)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター