2017-07

ぽりふぉに!

話題のチューナー(´ω`)

DSCN3399

TC Electronic Polytune Clip

 

あのポリフォニックチューナーがクリップタイプになったと聞いて

 

 

DSCN3401

TCってデンマークなんですね。製造はタイのようです

 

 

DSCN3403

クリップチューナーの王者、PETERSON STROBO CLIPとの大きさ比較。TCはかなりコンパクト、そしてクリップ部が金属製です。樹脂製のクリップチューナーは本体が壊れる前にクリップ部が破損します。このPETERSONも壊れて修理しました。これはポイント高いぞ!

 

 

DSCN3406

1本だけ弦をはじくとこのように音名が出ます。これはまあ普通ですね

 

 

DSCN3415

ここからが真骨頂。6本の弦をじゃらら~んと鳴らすと全ての調弦の状態が一目で確認できます。ボタン切り替え等の操作は必要なく機械が勝手に判断してくれます。こりゃ便利

 

POLYTUNE自体は既にペダルであるのでそこまでのインパクトはありませんがクリップになったという意義は大きいです。とくにぼくみたいなステージ上にラックチューナーがあるのにクリップチューナー付けて出番直前の控室でも四六時中確認してないと落ち着かないような人には(´・ω・`)

 

 

DSCN3417

視認性。どっちがどうとは言いません。画像で判断してください。精度はPETERSONが上です。ただどちらも水準の遥か上の性能であって必要十分どころか通勤するだけなのに340km/h出るバイクと320km/h出るバイクを比べてるようなものでどっちが速い以前におまえはその速度をどこで出すんだよって話です

 

 

DSCN3424

暗闇での視認性。実戦ではこれが大事です。転換時に何も見えないくらい暗くなる現場がたまにあります。譜面台用のライトとセッティング用にマグライトをアンプの裏に備え付けてるのですけど使うことがままあります。こういうのは見えやすいに越したことはないのです

 

ファーストインプレッションとしては・・・

 

 

この性能でこの価格。ぶっちゃけ買いでしょう(・ω・)

 

 

チューニング自体はベースにも対応してるけど ベースはポリフォニックチューニングできない っぽいです。説明書にそう書いてあるだけで実際どうなのかぼくはベースを持ってないので確認できないのですけどこれは注意ですね

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (394)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター