2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Country Road

新作

yfumfyumyf

JAZZギター界の大巨匠、パット・マルティーノ先生の「Country Road」 です。ちなみにもう消してますがこのブログの第一回目は当時のメインギターであったParkerについてで 「パット・マルティーノに憧れて買った」 という文章を書いた記憶があります(・ω・)

 

 

DSCN1864

使用ギターはカスタムショップ製のGibson ES335。フロントPU(Gibson BURST BUCKER TYPE1)で弾いてます。シールドはスイッチクラフト製プラグとMOGAMI2534ケーブルの組み合わせ。エフェクターはAMT F1とDigiTech RV-7の掛け録りです。録音後の加工はしてません

 

 

bw_uploads_006

今回はAmplitubeやGuitar RigやFender Blues Deluxeアンプのマイク録りも試したのですが結局AMT F1に勝るクリーントーンは得られませんでした。AMT F1はギター側のコントロールに自然に反応してくれますのでトーンを手元で作ってピッキングニュアンスを重視するタイプのプレイヤーにはじつに有難い機種なのです

 

 

bw_uploads_P8250004

AMT同様にDigiTech RV-7も外せないペダルです。リバーブくらいは録音後にDAW側で掛けてもいいのですけどシンプルにこれ繋いでツマミ全部12時でオッケーということにしてますw 

 

 

BmItiJfCcAAJScnDSCN2302

今はライブでも重い真空管アンプは持っていかずに手持ちアンプで一番軽いトランジスタのマーシャルコンボにAMTとRV-7を繋いでやってます。スタジオでのリハはフル機材なのですが音変わらんww

 

 

DSCN2375

今回弾いた「Country Road」は先月発売されたばかりのライブ盤『NEXUS』(ライブ自体は90年代のもの)にて初音源化されたマルティーノ作曲のピアノとギターのデュオによるメロウな曲です

 

 

CAiZdtsUgAAP4S8

マルティーノの教則『CREATIVE FORCE』にて演奏シーンもあるよ。すべてのコードをマイナーコードに置き換えるアドリブ理論である “マイナーコンバージョン” の勉強をするならコレ、っていうかほぼコレしか無いという定番DVDですね。そもそもマイナーコンはマルティーノの発案した理論ですから(・ω・)

 

 

マルティーノってコンピングもめちゃ上手いですよね。リズムの置き方やヴォイシングとかキレとか天才的。またマルティーノのサウンドは強靭な右手や1弦0.15からの超ヘヴィゲージもあるのですけど 分厚いピック こそが肝ではないのかなと

 

今回マルティーノにならって3.5mm厚のジャズピックを使ってみました。とてもダークな音になるのですが厚すぎて指関節が使えず先端の軌道もコントロール出来ないため鬼のように弾きにくかったですw

 

 

ジョンスコとマルティーノの共演。Youtubeは180万再生でニコニコだと1.8万再生とちょうど100倍の差がありますがどちらもJAZZ動画としてはとくに人気が高い1本でしょう

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

フリーエリア

Amazon

カテゴリ

雑記 (360)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。