2017-07

さんげつ!

気持ちをニュートラルに

中島敦の「山月記」を江守徹さんが朗読したもの。定期的に聞いて自省するというかいろいろ考えます(´・ω・`)

 

 

臆病な自尊心と尊大な羞恥心

 

 

とはまさに自分のことです。主人公である李徴の自負と自己否定の間で揺れる詩人としての葛藤。他人ごとの気がしない、というかほんとぼくですわこれw

 

それまでずっとやってきた(今もやってるが)好意的な人々に囲まれノリと勢いでごまかせるライブと違い、インターネットに動画を投稿して全く知らない人に見てもらって忌憚のない意見をもらうということはとても勇気がいることです。それを切磋琢磨というのであれば一歩踏み込んでるとは思います。少なくとも身内ライブだけやってるのに比べれば

 

いまはネットで動画を上げてから仲間を増やしてバンド組んでライブをするという順番が逆の人のほうが当たり前になってきてます。新しい世代の方法論もいろいろ吸収して多少の経験と知識のアドバンテージがあることに胡座をかかないようにしたいですね(´ω`)

 

山月記を読むと(聞くと)背筋が伸びます

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (394)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター