2017-11

お部屋

ちと上級者向けです

 

DSCN0195

Room / Nels Cline,Julian Lage

 

 

2014.11.24発売。全10曲57分。ギターデュオ作品。L側がジュリアン・レイジでR側がネルス・クライン。完全にPANを振りきってます。演奏を聴くに完全即興パートはあるけど譜面自体は用意されてるっぽい。ソロはネルスのほうが多め。10曲中1曲目と最後の曲だけジュリアン作曲であとは全部ネルス作というのもあるかな。ジュリアンのインプロヴィゼーションはサスガとしか言えないですけど

 

 

DSCN0198

まずは何の先入観も持たずに聴いた時は 1曲目だけうおっ!? っとなったけど正直あとはピンとこなかった。しかし2周目からビンビンきた。曲として突出したものはないんですけど空気感がすごくいい。音楽としては難解ですけど丁々発止の緊張感がありません。テーマやフリーインプロヴィゼージョンパートは奇天烈ですがずいぶんとリラックスしてるなって

 

ギターデュオといえば以前紹介したビレリ・ラグレーン&シルヴァンリュックは土台の曲は明快なポップスなのに互いに 「殺んのか、お? 殺んのか、お?」 という緊迫感があって最初は軽い小突き合いから徐々に張り手、グーパンチとエスカレートし最後は掴み合いの喧嘩といった様相でした

 

しかしこちらはグラミー受賞ロックバンドのメンバーを敬うジュリアンと若手の才能に心服し僕はロック畑だからJAZZはできないよ^^; って謙遜するネルスのお互いに 「どーぞ どーぞ」 みたいな譲り合いというか思いやりがあります。異種格闘技というよりは異業種交流って感じ

 

まさに部屋でお茶を飲みながら語り合ってるような雰囲気です。『Room』ってタイトルは言い得て妙かも。そしてこういう掴み所のない音源は読書するときのBGMとしてもすごくイイんですよね

 

 

Wilcoみたいなちと癖の強いオルタナロックの脇でちょいちょい変態フレーズかましてくる時のネルスはセンス抜群ですけどこういうフリーJAZZの土俵でもがっつりやってしまう懐の深さを感じました(*´ω`*) 

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (409)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター