2017-10

Hiroshima Mon Amour その8

呉は大和ミュージアムだけじゃない!

DSCN7730_thumb

予定外の呉なのでどこに何があるのかがわからないうえに足の状態から徒歩移動が無理なのでバスに頼ることに。しかしバスは難しいんじゃ~ということで観光案内所に入る

 

窓口ネキに相談すると観光地の選定と効率的なルートと地図とバスの乗り方を紙に書いて持たせてくれた。自分で調べるより早いし確実ですね。ここで安心お得な市内バスの乗り放題パス(400円)を購入。これがあると大和ミュージアムが100円引きになるそうです

 

 

DSCN7733_thumb

バスに乗り市街地を散策。なんとなく門司に似た洋風のレトロテイストがある

 

 

DSCN7737_thumb

名物フライケーキの店、福住。買い求める人は多かったけど回転が早いのですぐにありつけます。ここも竹原の二重焼きと同じくフライケーキしか売ってないのでオバハンに個数を告げるだけ

 

 

DSCN7742_thumb

フライケーキは1個80円(税込)。いうなればあんドーナツ。しかしこれ めちゃくちゃうめえwww 今回の旅で一番びっくりしたwww 麻薬でも入ってるのかと思ったけど80円じゃ出せない

 

 

DSCN7756_thumb

たまゆらにでてきた川のほとりで鳩や雀にやりながら食す。福住は事前に牛乳を買ってから寄るといいですね

 

 

DSCN7757_thumb

鳥に半分くらいやったしあまりに美味すぎたためすぐに2個リピート買いに行った。こんな店が近くにあったら色んな意味で脅威だと思う。あと呉はメロンパンの店も有名なんだけどそこ日曜はやってないんだよね。次はメロンパンも。あと海軍ゆかりのカレーやコーヒーや肉じゃがや・・・

 

 

DSCN7734_thumb

すぐ近所にたまゆらに出てきた遊具のある公園がありました。ここは子供がいっぱい

 

 

DSCN7759_thumb

街中にある大和の錨のオブジェ。呉は街中に落ち着いて座って休めるところがいっぱいあるのが素晴らしい。特に足を痛めてる人には嬉しいw

 

 

DSCN7761_thumb

バスを待つ間に呉図書館に行ってみた。観光では図書館の位置を把握しておくとうまく休息が取れますね

 

 

ytjtm

ここからくれたんという観光スポットをぐるぐる回る便利なループバスに乗って次の目的地へ。中にはボランティアのガイドが乗ってて呉の街を解説してくれる。このバスと乗り放題チケを活用するのが呉観光のコツのようです。一回乗るだけなら料金は一律150円

 

DSCN7773

「アレイからすこじま」という公園にやってきました。ここは海上自衛隊の潜水艦基地があり日本で潜水艦が目の前で見れる唯一の場所です。呉は日本の保有する潜水艦18隻(2隻は練習艦)のうち9隻が配備されているという潜水艦の聖地。もちろん護衛艦も。ただし何が基地に入港してるかは行ってからのお楽しみ

 

 

DSCN7778

ループバスで次はてつのくじら館へ。ここは自衛隊の広報施設でなんと入館無料。潜水艦のことが学べます

 

 

DSCN7779

ここは自衛官らしき人たちが誘導&警備にあたってます。大和ミュージアムの美人コンパニオンとは違いどこか緊張感を漂わせてる

 

 

DSCN7781

いよいよ外の潜水艦「あきしお」の中へ

 

 

DSCN7785

お客さんいっぱいですがかえって潜水艦内の移動の困難さがわかったり

 

 

DSCN7786

計器パネル。わけわからん。潜望鏡も覗くことができました。こちらは回天とは違い倍率も高くよく見えました。でも次の目的地が開始時間の決まってるイベントのためココは結構駆け足で見てしまったんですよね。次はじっくり・・・

 

 

DSCN7787

呉港に移動しコンコースで凛々しい自衛官ネキから呉基地内のクルージングチケットを購入。日曜日は護衛艦の艦内見学ツアーあるようです。このときはもう受付終わってしまってたのですけど

 

 

DSCN7789

桟橋からクルーザーに乗る。今回は何かと船に縁があります

 

 

DSCN7793

船内よりデッキのほうがよく見えるからと上に登らせてくれました

 

 

DSCN7811

基地までの途中タンカーの鼻先をかすめます。デカイ。石油を積むと赤い部分が全部海中に沈むそうです

 

 

DSCN7821

護衛艦「さみだれ」。格納庫の中にはヘリコプターが入ります。後部の甲板が斜めになってるのは船が全力進行中でもヘリが着艦できるようにしてるため。Yahoo知恵袋で強度増強のためとの回答がベストアンサーになってたけどちょっと違います。艦尾の右側2つの穴は擬似スクリュー音を発生させて魚雷の追尾を撹乱させるデコイを投下するための穴

 

 

DSCN7825

護衛艦「いなづま」と「うみぎり」。ちょうど前日にソマリア海域における海賊船対策での任務を終え帰港したばかりでメンテナンスの真っ最中でした。今回の任務中にアデン湾にて漂流船から75名を救助という立派な仕事をしたようです

 

 

DSCN7837

護衛艦「とね」です。これには大接近してくれました。他の乗客から軽巡洋艦だの駆逐艦だのというワードが飛びかってたのですがそれは大日本帝国海軍時代の艦種名であり現代の海上自衛隊のその手の艦船は すべて「護衛艦」 です。どう見ても空母にしか見えない艦もありますけどそれも空母っぽい護衛艦です。男の娘みたいなものだと解釈してくださいm(_ _;)m

 

 

DSCN7841

「とね」のハープーンミサイル発射管とCIWS。ハープーンは地上でしか装填できないので打ち切ったら終了。CIWSの高性能20mm機関砲で飛来する対艦ミサイルを撃墜します。といっても対艦ミサイルの弾頭はとても硬く当たったとしても破壊できるとは限りません。そこでアメリカ軍では貫通力の高い劣化ウラン弾を使用してるのですが日本は非核三原則から放射性物質を伴う武装は持てないためタングステン弾を使用してます

 

 

DSCN7842

双胴艦「はりま」。これは水中の音響を測定します。要は潜水艦を発見するための船。世界の潜水艦保有数は北朝鮮と中国がダントツで次いでロシア、アメリカ、韓国の順となってます。じつは日本近海は潜水艦天国なんですよ

 

 

DSCN7846

最新鋭そうりゅう型潜水艦。現役の潜水艦をこんな間近で見れることなんてまず無いっす。よくみると表面もただの鉄板じゃなくて小さいパネル状のものを貼りあわせてる。ステルス性をあげるためらしいです

 

 

DSCN7847

ハッチの厚さ=潜水能力なのでを性能を知られないようにするために緑色のカバーで隠されています

 

 

とココでカメラのバッテリーが切れた

 

 

演奏動画撮ってもバッテリーなんか常に満タンだったのにこの日どんだけ撮影したんだ・・・というわけで下船時に見送ってくれた自衛官に「ありがとうございました」と挨拶しつつ心のなかで敬礼して広島観光終わり。いやあ広島最高だったなあ(*・ω・*)

 

また来ます。お好み焼き食べてないし足のせいで全然巡れてないんだ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (408)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター