2017-08

後継機

壊れたDT990PROの後継機ですが

 

DSCN5745

同じにしました。色々と理由はありますがとりあえずDT990PROのケーブルを交換+RME BABYFACEの組み合わせで聴くJAZZやオールドスクールデスメタルが好きすぎるってこと

 

次に癖や構造を知り尽くしており部品取りもできたし製品自体がロングセラーの定番商品であるためずっと使い続けることができますので

 

最後に個人的な理由ですがDT990PROは甥っ子の誕生記念に勢いで買ったものなんです。そういう意味でも思い入れがあるんですよねー

 

 

DSCN5747

箱が変わってます。30周年って書いてますしちょっと豪華になったのでしょうか?

 

 

DSCN5751

byerdynamicはドイツ製

 

 

iutehyjhje-4_thumb

以前の箱。これに本体がぶちこまれてただけでしたが今回はヘッドホンスタンドとして使えるディスプレイケースみたいになってました

 

 

DSCN5762

以前は無かったナイロン袋が付属

 

 

DSCN5779

新品の左右のユニットとイヤーパッドを古いほうに移植します。結局代理店からパーツバラ売りは断られたのですけどOKでもたぶん新品買うのとたいして値段は変わらなかったでしょう。イヤーパッドだけでも4000円以上しますし。また保証期間外の有料修理はべらぼうに高く素直に新品に買い替えたほうが安いみたいです

 

せっかくなので箱出しの状態でしばし聴いてみましたけどやっぱ好きな音です。今回は買い増しではなく壊れたため大手を振ってどんなメーカーのフラッグシップモデルでも買うことができるチャンスでもありましたがやっぱこれなんですよ。そして次もこれでしょう

 

交換と同時にケーブルもMOGAMI2944にチェンジです。ケーブル交換はこのヘッドホンならかなり簡単です。カールコードに不満なら交換しちゃいましょう。どうせなら着脱式に改造、なんてのも楽勝です

 

 

DSCN5812

ケーブルが以前はむきだしのリッツ線だったのですが現行はビニールの皮膜がついてます。断線対策でしょうか。LRを結ぶケーブルも同様に良い物になってます。またシリアルナンバーらしきものも。細かい部分でマイナーチェンジが行われているようです

 

 

DSCN5796

ひとつだけ注意点があるとすればあまりハンダゴテを長くあてるとこの細い線を繋げているハンダが溶けて取れてしまいます。これが切れたらそこで終了です

 

 

DSCN5818

ほどなく完成。音はわかりきってるけど一応試聴

 

 

DSCN5727

音源はORIGINの新譜『Omnipresent』。カッチコチのテックデスなのでDT990PROよりもHD25のようなスピードとキレを重視のヘッドホンのほうが相性は良いかと思いますがそこはMOGAMI2944でチューンしてキレ味が増した本機です

 

音は今更驚きはしませんがノーマルに比べてピントがくっきり合った感じでやはりこのサウンドだよねって。オーディオの音は口で説明できないし楽器のように録音もできないのが残念なところ

 

ちなみにこのbeyerdynamic DT990PRO MOGAMI2944カスタムは価格ドットコムでもぼくのブログを見てやってみた方がいるようで音も絶賛されてましたw

 

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (396)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター