2017-11

パリの夜

 

こないだ読んだ新書で

 

実際に書店に足を運び平積みされている本をチェックすることの重要性が書かれてました。たしかにネットで物色すると自分の知ってるものや好みの商品しか目にせずに意外な出会いってのが無いのかもしれないです

 

 

DSCN3368

DREYFUS NIGHT IN PARIS

 

これは実際にCD屋で漁ってたら偶然見つけた1枚。参加メンバーが凄すぎ。マーカス・ミラーとミシェル・ペトルチアーニってだけでもよだれモノなのにギターがビレリ・ラグレーンにドラムがレニー・ホワイト、サックスがケニー・ギャレットという超豪華な布陣。ジャケのデザイン的に最初ブートかな?と思ったのですが公式です。つーか

 

こんなライブあったのか!!??

 

って感じです

 

トラックリスト見たら1曲めがマイルス・デイヴィスの「TUTU」とか。マーカス・ミラーとケニー・ギャレットはマイルスのバンドにいましたがビレリがどう弾くんだろ・・・しかもペトルチアーニもいるとか!と速攻でレジに持っていきました

 

じつはピアノ含む鍵盤楽器ってあまり興味が無くてピアニストのリーダーアルバムはミシェル・ペトルチアーニとカティア・ラベックしか持ってません。マイルスは全タイトル持ってるから(死後の企画盤はボチボチですが)自動的にハービー・ハンコックやキース・ジャレットやビル・エヴァンス等々を聴いてはいるのですが。もっともヘッドハンターズやウェザーリポートやリターン・トゥ・フォーエバーを鍵盤リーダーに含むのならもっと増えます

 

 

20121209153124

ミシェル・ペトルチアーニはフランスを代表するJAZZピアニストです。彼も先天性の障害を持つ人の例に漏れず短命でした。彼のお墓の二つ隣がショパンの墓でそこの墓地は今も世界中のピアニストが訪れ献花が絶えないそうです。てかその間に眠ってるのは一般人ならどえらいのに挟まれておるのう・・・(´Д`) 

 

 

DSCN3375

全3曲で各々が長い。だってJAZZだもの。2曲目はマーカス・ミラーのアルバムのタイトルチューン、3曲めはペトルチアーニの代表曲。選曲もメンバーもぼくのどストライクウィッチーズで5万円までなら出すぞ!!ッて感じ。ちなみに1500円でした。これぞ掘り出し物です

 

ライブ内容はこのメンバーと選曲で悪いはずがなかろうもん。

土下座 OR DIEですよ。加えて音も最高。というかマーカス・ミラーのベースってなんでこんなに音がいいんだろう? ドゥビンドゥビンしてて最高に気持ちいいんですけど。悩んだけど買ってよかったGENELECのウーファーが炸裂するんだぜ(´・ω・`)

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (409)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター