2017-09

AFTER THE WAR

あれからちょうど1年・・・(´ω`)

DSCN3095

何がってあんさん、James Tylerがわいのもとにきてからや

 

その後James Tyler Guitarsからの回答があり確実になったことを記します。まあ自慢です(╹◡╹)

 

 

tyjrtyjfuyjftyu

まず肝心の音については動画を2本撮ってフロントのジャジーなトーンとMIXの軽くパンチを効かせたトーンをそれぞれアンプ直で弾きましたのでわかりやすいと思います。とりあえず服が同じじゃねーかってなりますけどメタルファッションとはそういうものです。IRON MAIDENなんて40年間毎日代わり映えしない格好です

 

またテレのアイデンティティであるリアPUのサウンドはぼくの音楽性的に使うことはないのですがしっかりテレの音してます。いつの日かRolling Stonesでもやることがあれば・・・

 

ちなみにこの2作は我ながら会心の出来なのです(*´ڡ`●)  原曲の進行だけを踏まえた自由度の高いアレンジは引き出しの少なさを隠すために原曲に忠実という大義名分と小手先の技術と音数で誤魔化してたかつての自分が憧れ、畏れ、嫉妬してたスタイルです

 

できないことを畏れ嫉妬するくらいなら飛び込んで自分のものにしてしまえばいいと思いたってそこから勉強してきました。駄サイクル未満の惰性リアル活動だけでは得られなかった心境の変化でもあり間接的とはいえ多くの人と切磋琢磨できて一人でじっくり取り組める動画活動ならではのフィードバックです(´ω`) 

 

もちろん実際に人と合わせるメリットも大きいし今までもこれからも絶対にソッチ派なんですけど動画だからこそできることってのも絶対あるわけで決して軽く見ることは出来ないのです

 

では本題をば

 

まずジム・タイラー本人所有で間違いないです。James Tyler製テレキャス型プロトタイプとしていろいろなPUやパーツの組み合わせの実験土台として使われました

 

 

7kju6

ボディ加工はジムの手作業によるものです。故にコンター等は機械と較べて工作精度が低くエッジが出てなかったりしますが手間はかかってます。悪く言えば雑、良く言えば手工ならではの味があります。このへんは初期モノの特長です

 

 

ryne

ネックはマイケル・ランドーのために作ったストラトから外した特製ネックが流用されてます。スキャロップも手掘りです。James Tylerのオーダー仕様には存在しないオールドスペックな板目1ピースですが素材が極上なためか非常に安定してます。そしてとにかく鳴りが素晴らしいです。弾きすぎてフレット減ってきました。そろそろ打ち替えないとヤバイっす

 

 

DSCN3095

PUはブローカーに問い合わせるとJames Tylerのオリジナルじゃないかとのことでしたが製作年からするとまだPUを自社生産しておらず有識者の鑑定やいろいろな特長から察するにたぶんオールドFenderではないか?との線が濃厚です。とにかくこのPUのサウンドが最高で交換の必要性を感じません

 

実際テレキャスオーナー達に弾いてもらうとみんなジャンプを買って真っ先にToLOVEるから読んでいた小学生の頃のような素敵な笑顔になります(*´∀`*)  久しく忘れてたあのワクワク感です。 今は周りに悟られないように苦虫を噛み潰したような顔でToLOVEるダークネスを読んでいても心はあの頃とちっとも変わっちゃあいないんだ。男ってそういうもんだろう? なあ大将!!(バンバン)

 

是非リアルでぼくと会う方はお貸ししますので弾いてみてください。今月は30日にライブがあります。おそらくES335を持っていくと思いますがw  もし会場でこの人そうじゃね?って思ったら「にゃんぱすー」って声をかけてください。完全無視しますので

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (401)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター