2017-03

テレストリアルズ

ついに5年ぶりの新譜(´Д`)

 

yfukrty (10)

TERRESTRIALS / Sunn O)))

 

今回はノルウェーのブラックメタル(さいきんは電子音楽だけど)Ulverとの共作。3曲入りで36分というわりと聴きやすい構成です

 

 

yfukrty (8)

日本盤は2枚組でスティーヴン・オマリー自身による豪華美麗紙ジャケットとのことでこんなん。ちなみに紙ってプラケースよりもコストがかなり掛かるそうで業界としては紙ジャケやデジパック=豪華ということになるみたいですね。デザインの面積も多いし

 

そして2枚組の特典DiskのほうですがゲストでMayhemのアッティラ(vo)が参加してる以外の情報が発売前後含めて全くありませんので詳細をば

 

1.Eternal Return (Rough 2009) 14:05

2.Fidelio (Experiment 2009 Featuring Attila Csihar) 11:42

 

の2曲。1曲めは本編3曲めのデモバージョンで2曲めはアッティラがノイズの中でういいいいいいいいいいいいいいって呪詛を吐き続ける実験曲でおそらく前作『Monoliths & Dimensions』のときのセッションで録られたものではないでしょうか? 

 

日本盤は解説付きですが歌詞と和訳はありません。ぶっちゃけ輸入盤でいいです。ぼくはAmazonで輸入盤を事前予約していたにもかかわらず入荷数が確保できなかったとのことで急遽在庫のあった日本盤に切り替えた次第です(´ω`)

 

 

http://sunnulversl.bandcamp.com/

 

Disk1、というか本アルバム『TERRESTRIALS』はオフィシャルで全部試聴できます。フル視聴できるってことは自信の表れと同時にこの割れ全盛時代のリスナー側に立った配慮であり視聴して気に入ったら買ってくれよな!!(半ギレ)ってことなので琴線に触れたら是非購入してください。DL版でもFLACで配信してるので音質はCDと変わりませんので(´ω`)

 

今回は現代音楽的アプローチがさらに強まった感があります。デヴィッド・リンチの映画のBGMでずっと流れていそうというかPink Floydの曲が始まる前のSEが延々続いてるといえば伝わるでしょうか

 

音響系やアンビエントにも理解のある人向けです。重低音ギターでズゴ~~~~~~~~ンみたいなのをまず体験したければ『Black One』をオススメします。レビューもしてます

 

 

~Sunn O)))について~

 

 

Sunn O   GrimmRobe tour Jun 09

Sunn O)))の皆さん。USAのギター2人組です。神々しい

 

 

394372_372876756115633_1241934615_n

Sunn O)))の機材。ハリボテじゃなくて全部同時に鳴らします(´Д`)

 

 

ttttttttttttrr

機材配置リスト(クリックで拡大)。アッティラもちゃんといる。機材厨ならときめくはずです(´・ω・`)

 

 

DS02019531_main_thumb

ちなみにDOD FX33 BUZZ BOXという90年代の激歪系珍ペダルがあるのですがこれが中古市場で結構いいお値段します。自分で売っててなぜこれが人気あるのかわけがわからないよ、っていう業者も多いのですがSunn O)))が使ってるからです。地下レベルではありますが世界的に根強い需要があるのです

 

 

つい2ヶ月ほど前のベルギーでのライブ。TVプログラム用の映像のようでカメラワーク、録音ともにすばらしくこのままDVDに出来そう。Sunn O)))の動画でもベストクオリティでずっと見てると魂抜かれそうになります。延々と続く重低音とノイズにより感覚が麻痺してきてだんだん心地よくなってくるのですよ・・・

 

 

yruik

こちらは前作『Monoliths & Dimensions』。ここから現代音楽的アプローチに踏み込みだしましたが今作からするとかなりキャッチーに聴こえます。これも名盤。また毎回装丁含めたアートワークが非常に凝ってるのも魅力です

 

しかしコラボやEPもいいけどオリジナルフルアルバムがはやく聴きたいのも本音。こんな適当にズゴンズゴンやってるだけの曲なんていくらでも量産できそうに見えてそうではありません

 

ドローンミュージックなんて1曲ちゃちゃっと作ってsoundcloudあたりにうpして「初ドゥームども… 俺みたいな中3で暗黒メタル弾いてる腐れ野郎、 他に、いますかっていねーか、はは」みたいにやるのはぼくでもすぐできます。しかしそれが世界中の耳の肥えたマニアに崇められるクオリティで作品としてパッケージングできるか?と問われたら絶対にNOです

 

誰でも手軽に世界に向けて自分の作品を発信できる昨今ですが、出来ることと認められるってことの間にはとんでもなく大きな隔たりがあることを理解してない人が多すぎると思いませんか(=ω=)?

 

芸術は他者を巻き込むことが出来て初めて価値があると思います。アーティストってのは自分の道をすすんだうえで興味ない人を振り向かせて追従させてナンボ。そして付いたファンを突き放すかのように作風を変えていく攻めの姿勢と革新性、さらにそれがまた高い評価でもって迎え入れられるという絶対的な実力と安定感が必要でしょう

 

そういう意味でも・・・

 

Sunn O)))は今回もすごかった

Ulver色が濃いのかもしれないですけども・・・

 

オススメトラックは1,2,3。すなわち全部です。ヘッドホンでじっくり聴くも良し、スピーカーで爆音を浴びるも良し。また精神安定、睡眠導入や作業時の集中力アップのBGMとしても最大の効果を発揮します

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

フリーエリア

Amazon

カテゴリ

雑記 (360)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター