2017-03

神を殺す事

あの人の新譜が!

tyukrty (2)

In the Minds of Evil  / Deicide

 

DEICIDEは額にいれた逆さ十字の刻印がトレードマークのグレン・ベントン率いる米デスメタルの老舗大御所です

 

544104_591656177567679_1071853840_n

現在のメンバー4人。ベントンさんがどれかはオーラでわかるでしょう。悪魔崇拝、動物虐待、自殺不履行等でいろいろお騒がせな人

 

つってもベントンさんの悪魔崇拝主義はそんなガチではなくどちらかというとプロレスラーが試合前に「殺すぞ、オラァ!!」って言ってるのに近いので宗教団体の方々はあまりムキにならないで欲しい(´・ω・`)

 

 

rytjyt

左端が元CANNIBAL CORPSEのギタリスト、ジャック・オーウェン。CANNIBAL CORPSEに1stから9thまで在籍してた不動のギタリストだったけどいきなりDeicideに加入したからびっくりした。アレックス・ウェブスターも「俺達と一緒にいれば金の心配をせずに音楽に打ち込めるのに・・・」とインタビューで言ってたのですがそれも昔の話でDeicideに加入して今回でもう4作目です

 

 

Vice-Owen

ジャックの使用ギターはBrian Moore、Neal MoserときていまはBlakhart Guitarsを使ってるようです。日本では馴染みないけどOriginを筆頭にブルデス系バンドに人気のギターメーカー、つーか載ってるバンドほとんど知らんw

http://www.blakhartguitars.com/featured-artists

 

 

deicidestudio1

本作のレコーディング風景。GENELECモニターがあるね。KRKもよくみます

 

それはともかく本作は不安要素がひとつあった

 

 

santolla

前作までいた美麗テクニカルギターのラルフ・サントーラが抜けてしまったのだよ。マイケル・シェンカー meets ネオクラシカルといった趣きのいかにも日本人好みのギタリスト。ライブでも半端なく上手くて音が1音1音めちゃ粒が揃っててヌケてくるんだよね。それでいてトーンも耳障りじゃないという。魅せるパフォーマンスも上々で正直デスメタルバンドにはもったいないレベルの人

 

Deicideはツインリード体制ではあるけど実質はラルフがリードでジャックがリズム。それが脱退したらヤバイでしょ。そこで先月のニューアルバム発売前の先行PVですよ

 

 

 

 

 

おお、これは!!

 

 

 

 

414BMS5A88L._SL500_AA300_

 

これだよ、この街中のうんこが便器から溢れでてくる感じ、これこそオールドスクールデスだよ。近作のDEICIDEの評価は曲は60点だけどソロが凄いので+2530点みたいな補正あった。正直デスメタルとしてはかっこ良すぎたのよ。ファン層あきらかに入れ替わったし

 

曲が始まる前に呪詛っぽい語りが入るのもお約束。以前の私の着信音は彼らの2nd『LEGION』冒頭の山羊の鳴き声だったw それはともかくオールドスクールデスはこれでいいんだよ

7j6kj67

癖になりそう(´・ω・`)

 

 

4t3h3t

今作のソングライティングはほとんどケビン・クイリオンのペンによるもの。Drのスティーブ・アシェイムのサイドプロジェクトでありあの見た目と超絶プレイが全く釣り合ってないことで有名なジョン・リー(フッカーじゃないよ)のいるOrder of EnneadのVo/Gの人です

 

ライブでは彼がラルフ・サントーラのソロを雰囲気を損なわないようにうまく自分なりに処理して弾いてます。ラルフがバケモノなだけでこの人もかなりのテクニシャンです。無個性的ではあるけどかえって突出したギターヒーローがいなくなって再びベントンさんを中心に置いてパワーバランスが取れたっぽい

 

 

オフィシャルPV。これはアルバムラストの曲でケビン・クイリオン作。特にフックのある面白リフでもこれといったキラーチューンでもないんだけどライブで一緒に叫べる歌メロと全体を覆う邪悪な雰囲気で何かスルーできないんだよな・・・っていうあのスラッシーで魅力的だったDEICIDE初期のサウンドっぽい

 

もちろん当時ほどの若さゆえの勢いとギラギラしたヤケクソさはないけどそのぶん大ベテランの円熟味と安定感で聴かせるよ。あとジャックの弾くテーマメロディとお得意のワウ半開きタッピングは耳に残る

 

 

tyukrty (1)

結果として看板ギタリストが抜けたのがかえってうまく作用し初期の体臭を取り戻した。今後キャリアを振り返った時には地味なアルバム扱いされるかもしれないけどここ最近のテクニカルでブルータルでメロウなDEICIDEに違和感を感じてた人にはむしろよくやってくれたの傑作アルバムでしょう。音もいいしブラスト抑え目ミッドテンポのシンプルリフ中心でノリがよくまったり聴ける落ち着いた大人のデスメタル。長く付き合えそうです(╹◡╹)

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

フリーエリア

Amazon

カテゴリ

雑記 (360)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター