2017-05

格納翼

配備してみた

bw_uploads_770

愛用してるアイリスオーヤマの回転モップの老朽化が激しくついに退役となりました。いろいろ壊れながらも騙し騙し2年近くフル稼働させてじゅうぶんすぎるほどの戦果を上げたし何より製品コンセプトが素晴らしいのでまた同じのを買うつもりでした

 

でホムセンいったら新製品を見つけデモ機をいろいろと触りながらその場では買わずにひとまず情報を集めてみた。結論としてはこりゃいいんじゃないか?って

 

 

rtyjety (3)

で買った。アズマ工業のトルネードスピンモップ。これは多くのパクリ商品とは明らかに異なり従来型の回転モップを研究して不満、問題点を画期的なアイデアで克服してる

 

 

rtyjety (2)

まず回転モップには珍しい角型フロアワイパー式であること。、ハラショー、こいつは力を感じる

 

 

rtyjety (1)

バケツの中に格納するために主翼が折りたためる。艦上攻撃機ですねわかります。住居用洗剤で爆装を強化するのは基本

 

 

15267-2

一槽式なのになぜ洗浄と脱水が行えるのか疑問だったが内部がエレベーター式になっており下部の水槽で洗浄してから上部に移動し脱水を行い戦場へ飛び立っていく仕様。こりゃ完全に空母じゃ!!

 

実戦投入してみた

 

丸型モップは周りの毛で撫でているだけだがこちらはフロアワイパー式なので全面にトルクが掛かりホコリを残さずしっかり拭けるし幅も広いから早いし隅が拭ける

 

マイクロファイバー部分は取り外して雑巾として細かいところを拭くこともできるしいよいよ汚れたら洗濯もできるね。これは大きいアドバンテージだ。そして回転が超静か。先代は脱水時に電動工具くらいの爆音がしてたんだよねw 

 

購入前は構造が複雑なため耐久性がやや不安だったが設計の妙で部品点数は少ないし実際使ってみると特に無理がかかってる感じはしない。こりゃ割と持ちそう

 

ただし入り組んだ箇所のホコリ取りや大量の水気を取るのが目的である場合は毛足の長い丸型モップのほうがいい仕事をするだろう。こちらは平面特化モデルだ

 

なぜ回転モップに拘るかというとのギミックと汚れたバケツの水を捨てる瞬間が好きなんだ。ああ、こんなに汚れてたのかと目に見えてわかるから達成感あるんだよね。シートの残弾数を気にしないでノッてきたら好きなだけできるのもいいしシートを使うのも躊躇するような汚れにも洗えばリセットできるから突っ込んでいける。回転モップは初期投資は必要だけど無敵弾数無限のチート機体なんだよ(´・ω・`)

 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

フリーエリア

Amazon

カテゴリ

雑記 (361)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター