2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペグ交換

GROVERからGOTOHに交換しました(°ω°) 
ブログを書くならBlogWrite



ythjety (13).JPG

買った時から言ってましたがどうにも335に付いてるグローバーは感触がゴロゴロするので細かい調整がやりにくい。現行のグローバーは韓国製なんすよね。コストダウンと品質低下が著しいGibsonも一応伝統の組み合わせだしそのへんは目をつぶってということでしょうか・・・(´・ω・`)

ちなみにもう1本のセミアコはGOTOHのやっすいクルーソンコピーが付いてるんだけど精度も感触も抜群。やっぱペグだのブリッジだの精度が問われるパーツは日本製に限る


ythjety (4).JPG

というわけでGOTOHのSGV510Z

フラッグシップの510シリーズは受注生産なので届くまで2週間ほどかかりますが細かい仕様でオーダーできます。グローバーのでかいギンギラが下品だったので小さい黒ボタンにしました


ythjety (8).JPG

はじめはロックタイプにする気満々でしたがどうやらアコースティックギターをロックペグにすると鳴らなくなるという説が一般的なようです。そういわれたらアコギでロック式が採用されてるのを見たこと無い。セミアコということもありあえて冒険する気も起きず通常のポストにしました(´・ω・`)


ythjety (27).JPG

では外していきます


ythjety (32).JPG

裏側のネジも取る


ythjety (35).JPG

ペグが外れました(°ω°)


ythjety (53).JPG

ついでにレモンオイルで指板を拭いてナットに潤滑剤を塗る。特に効いてる実感は無いけどなかなか減らないからさぁ・・・


ythjety (38).JPG

比較。GOTOHは流麗なラインが目を引く。重量は若干軽くなる


ythjety (40).JPG

このタイプは穴を開けたりすることなしにグローバーとそのまま交換が可能。穴の位置もバッチリ! 細かい刻印もクッキリ!


ythjety (60).JPG

簡単に作業終了。狙い通り精悍なルックスに(°ω°)


ythjety (50).JPG

裏面


ythjety (64).JPG

ピーターソンのチューナーがめちゃめちゃ精度高いためグローバーだとなかなか合わずいらいらしてましたがGOTOHの1:21のギア比だと精密なチューニングがあっという間にできます。しかもにゅる~~~っとキモイくらいなめらかに動きます。すげえwww

使えないパーツは我慢せずにさっさと変えるが吉(°ω°)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

フリーエリア

Amazon

カテゴリ

雑記 (360)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。