2017-10

わぁいマイルス・デイヴィス(ry

本日5/26はマイルス・デイビスの誕生日(´・ω・`)

ブログを書くならBlogWrite



\というわけでマイルス聴こうぜ!!/


こういうのは死んだ日にやるもんかもしれんが・・・

マイルスは知ってるけどどれから聴けばいいかわかんねっす
という声はわりと多いと思うんですよね。ちなみに自分は1st「Birth of the Cool」から遺作「Doo Bop」まで全部CD持ってますので( 暗黒微笑) 

つってもオフィシャルの通常版だけですけどね。では個人的なオススメアルバムを。かなり厳選した結果ベタベタになってますのでマニアの人は失笑だと思いますが・・・;^^


tytyty3thy (14).JPG

まずは「RELAXIN'」と「COOKIN'」。レコード会社との契約をさっさと終わらせるために2日間でアルバム4枚分録音したという伝説のマラソンセッションというやつです。いわゆるスタンダードの名演。ジャズ研の新入生とかが聴かされるタイプ


tytyty3thy (2).JPG

『Milestones』 ベタすぎてすまん>< これデスメタル脳で聴いてもほんとぶっ飛びでカッコイイから是非!


erg (6).JPG

『Sketches Of Spain』 ロドリーゴのアランフェス協奏曲のマイルス版です。吹奏楽お好きな方どうぞ(*^_^*) ロドリーゴ自身はこれを聴いて気に入らなかったそうでその話を聞いたマイルスは「お前の口座にオレからの楽曲使用料が振り込まれたら意見が変わるだろうぜ」と言いました。いやあその根性、男塾だねえ


tytyty3thy (4).JPG

『In A Silent Way』 一番好きかも。もはやチルアウトとかアンビエントとか音響系。リラックスのお供に。本作品はジョー・ザヴィヌルが弾いてた曲をマイルスがジャイアニズムを発動させて奪ったものらしいですがw


tytyty3thy (10).JPG

『A Tribute To Jack Johnson』 ガチROCK作品。映画のサントラなんですけど26分と25分の2曲だけという豪快さw


tytyty3thy (6).JPG

『Kind of Blue』 まあ外せないですよね。いわゆるモードジャズというのはこの作品を指します。累計1000万枚超え、世界一売れてるJAZZのアルバムです


tytyty3thy (3).JPG

『On The Corner』 これはすごい。マイルス全然吹いてないのに最高傑作とかいう人も多いw ファンクとヒップホップとミニマルミュージックのごった煮? 聴いてもらうしか。チェロにPU付けてワウ踏んでるとかで察してくださいw


tytyty3thy (9).JPG

『Filles De Kilimanjaro』 やっぱ一番好きなのコレかも? (°ω°)

この前のアルバムでエレキギターっつうもんを試してみようとジョージ・ベンソンを入れてみたがやっぱいらねーかとギター抜きで作ったのがこれ。 しかしこの後にジョン・マクラフリンというスーパーギタリストと出会い以後マイルスのサウンドにギターは必要不可欠となります。ジャケはテンションあがってきたのイチローではない


tytyty3thy (11).JPG

『MILES SMILES』 この人意外とこういうダジャレ多い。マイルスの相棒サックスプレイヤーはジョン・コルトレーンとウェイン・ショーターが二大巨頭でしょうか。ショーターが在籍してた時代はハズレ無いのでどれでもいいです。ショーターは作曲の才能が抜群にありますからねえ


tytyty3thy (12).JPG

『SEVEN STEPS TO HEAVEN』 これはキャッチーでおすすめ。いつかタイトル曲を弾いてうpしようかと思ってる


tytyty3thy (8).JPG

『BITCHES BREW』 あーやっぱこれっすかwww的な世紀の大名盤。しかしこれから入るのはおすすめしない。絶対に拒絶反応を起こす。おれがそうだった(´・ω・`) これ出た当時はリスナーも受け身取れなかっただろうね。すごい時代だ


tytyty3thy (7).JPG

『STAR PEOPLE』 これは今のフュージョンと何ら変わらないのでそういうの好きな人にははいりやすいかと。ジョンスコ、マイクスターン、マーカス・ミラーなんかが参加


tytyty3thy (13).JPG

『Get Up With It』 ロックやファンクに馴染みがある人はこれから入るのもおすすめし。初めての場合はデューク・エリントンに捧げた1曲目は飛ばしてください。長く鬱なのでw 

マイルスって存命中にチャーリー・パーカーだのジョン・コルトレーンだのセロニアス・モンクだのチャールズ・ミンガスだの共に歩んできた偉大なジャズミュージシャンの死を目の当たりにしてきたけど曲という形にして捧げたのはデューク・エリントンだけなんだよね。しかも一緒にプレイしたこともなければ2~3回会って軽く会話した程度なんだけど


erg (1).JPG

『Agharta』 1975年大阪公演。Souliveが好きな人は是非これから聴いてほしい。てかどの人もはじめはこれから入ればいいと思う。ジャズなのかロックなのかファンクなのかわからんがとにかくすごい。ピート・コージーのジミヘンばりのギターが熱い




安いセットが色々とあるのでレビューなんかを参考に探してみてください。マイルスにかぎらずJAZZの有名ドコロはボックスセットが充実してるので単品で高い金だして買うとかしないほうがいいっす


rgf (1).JPG

あれば便利なディスクガイド本。次に何を聴くかの参考になります。2年おきくらいに内容更新で新刊が出る。現在はバージョン8まで行っててさらに最新のは上下巻に分かれたみたい


rgf (4).JPG

書籍から入るマイルスってのもおれはアリだと思うんだよねー。これは語録集


rgf (8).JPG

中身はこんな感じのミサワが言いそうなセリフのオンパレードで面白いww 

つーわけでマイルス特集でしたノシ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (408)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター