2017-09

ストラトユーザーの皆様へ

こんなアイデアはどうでしょう(´・ω・`)?


ブログを書くならBlogWrite



カッティング時に右手がセレクターに当たって不意にPUが切り替わってしまうことが多々あるんで配線を通常と逆にしてます


P2060004.JPG

写真の位置だと通常はフロント&センターですがこのギターではセンター&リヤのPUがONになります。これによってストロークの邪魔にならないリアPUのレバーの位置でフロントのサウンドがだせるわけです


また通常のストラトは1VOL 2TONEですが1VOL 1TONEにしてます。3つめのノブはダミー


2TONEって2Volに比べていまいち使いどころが見いだせないのですよね。ジミは2TONEを利用して『Voodoo Child (Slight Return)』の42秒付近でセレクターをガチャガチャやって擬似ワウ効果だしてたりしますけどマスタートーン配線のほうが音作りは幅広いと思うので まあリアPUのトーンなんて使いませんけどw


あとよく言われるのがVolノブの位置。近いと言えば近い。それゆえバイオリン奏法とか生まれたけど。自分も今はピッキング時に触れてVolが変わるということはないのですが初心者のころは当たってました


ピックガードを特注すれば好きな配置に出来ますけどこの位置関係以外はストラトに見えないので却下(´・ω・`)


01.jpg

また個人的にはこういうディンキーシェイプというかソロイストシェイプもひっくるめて『ストラト』という言う人が許せないw

ヘッドホンステレオを何でもかんでもiPodっていうような感じに近いかな

tyler.jpg

Myルールではこれは『ストラト』でいい。もちろん“ストラトキャスター”はフェンダーの登録商標なのでどのメーカーもたいてい“CLASSIC”とかのモデル名になってるわけだけど便宜的にこういうのは「タイラーのストラト」で通じると思ってます

つーかこれかっこいい。タイラーにありがちなリアPUだけ黒いのっていかにも改造してますみたいで厨ニ魂をくすぐる。走り屋のカーボンボンネットみたいで好み分かれるけどw



aesrhg.JPG


自分のストラトは97年製中古USAで特に価値があるわけでもないしぶっちゃけダントツで造りが大雑把なんですがとにかく生音がデカい。やっぱギターってある程度の隙間というか遊びの部分て大事なんじゃないかなと。適当さと言ってもいい。楽器は振動するわけで高い工作精度でカッチリ作り過ぎると逆に鳴らなくなるような気がするんだよね


持ってる国産は2本とも造りはすごく良いものですがそういう意味では鳴らないし面白みには欠ける。“生鳴りなんてアンプに繋いだらあんま関係ない派”ですけど(´・ω・`)


腕のいい職人が丹精込めて作ったものがハンバーガー片手に半笑いで作った量産品に負けるという理不尽がタマランですな。あくまでイメージですけどw まあ真面目に作ればいいものができると思いこんでるのは日本人の発想の小ささかもね。動画にも通じるかも。ココはあんま言及しないけど;^^


かといって誰でも機械でやったら30秒で仕上がる工程を職人が手作業で5日かかるから値段が150万ですみたいな理不尽は俺は認めません(´・ω・`)


このストラトはサンバーストゆえかボディーはアルダー1PなんですけどFENDERの塗りつぶし塗装のモデルはクラプトンモデルとかでも5Pとかザラですからね。20万以上するギターを塗装剥いでまで確認する人はなかなかいないからタカをくくってるのかはたまた木をつなぎあわせたところで音なんか関係ないというメーカーの判断なのか;^^ その辺も含めてアメリカンなわけですよw

今聴いている曲:Lotus - 「Sprout to Vine」 (The Strength of Weak Ties)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hironou333

Author:hironou333

メニュー

カテゴリ

雑記 (401)
ギターのこと (82)
めいばん! (51)
JAMES TYLER (10)
自転車 (50)
ステマ (70)
行ってみた (21)
掃除してみた (11)
作ってみた (27)
教則本レビュー (10)

検索フォーム

カウンター